ジュラ・サヴォワ

ジュラ・サヴォワ

ジュラ

※サヴォワは試験対策としての
 重要なポイントがほとんどない為、省略しています

<概要>
フランス東部、ジュラ山脈の西に位置する産地(ブルゴーニュの東側)

黄ワインヴァン・ジョーヌVin Jaune)や
藁ワインヴァン・ド・パイユVin de Paille
などの特殊な醸造法を要するワインも生産している

ジュラのアルボワ(Arbois)は
ルイ・パストゥールの出身地
※酵母によるアルコール発酵のメカニズムの解明や
低温殺菌法(パストゥリザシオン)などを発見した自然科学者

主要品種
白ぶどう
サヴァニャン(Savagnin)=ナチュレ(Nature)
シャルドネ(Chardonnay)=ムロン・ダルボワ(Melon d’Arbois)

黒ブドウ
プールサール(Poulsard)
トゥルソー(Trousseau)
ピノ・ノワール(Pinot Noir)
      =グロ・ノワリアン(Gros Noirien)

ジュラのAOC

※主要なAOCのみの抜粋です

L’Etoile

白、黄、藁の3色生産可能

Chateau-Chalon

黃ワインのみ生産可能

Macvin du Jura

V.D.Lの赤、ロゼ、白の生産が可能

特殊なワインについて

ヴァン・ジョーヌ
(Vin Jaune)

サンヴァニャン(Savagnin)
=ナチュレ(Nature)を100%使って

収穫から少なくとも6年間熟成、そのうち
5年(60ヶ月)以上は産膜酵母の下で熟成

熟成中の
ウイヤージュ(Ouillage)と
スーティラージュ(Soutirage)が禁止されている

クラヴラン(Clavelin)と呼ばれる
620mlの瓶に瓶詰めされる

ヴァン・ド・パイユ
(Vin de Paille)

ブドウを藁の上で乾燥、
干しぶどう状態(パスリヤージュ=Passerillage)にさせて造る甘口ワイン

※ローヌ北部のエルミタージュでも作られている
収穫から3年以上熟成、そのうち18ヶ月以上は樽熟成

フランスカテゴリの最新記事