ラングドック−ルーション

ラングドック−ルーション

ラングドック・ルーション

フランス最大のワイン産地
(A.O.C.とI.G.Pと地理的表示なしの合計)

V.D.NやV.D.Lの生産も盛んに行われている

1997年にカルカッソンヌ(Carcassonne)が
世界遺産に登録された

トラモンタンと呼ばれる乾いた冷たい風が吹く

この地区独自の三段階の格付けを制定している
(法的なものではない)

・ラングドック
・グラン・ヴァン・ラングドック
クリュ・デュ・ラングドック(最高位)

ラングドック・ルーションのAOC

※重要なAOCのみの抜粋

Limoux

赤、白とロゼ、白の発泡性ワインを生産する産地
同じ地域に4つのAOCがあり、製法が異なる

Corbieres

赤、ロゼ、白を生産する産地
栽培面積は1万haを超えるA.O.C.

Fitou

赤のみを生産する、
ラングドックで最も古い産地

Frontignan

フランスで唯一、
V.D.NとV.D.Lの両方を生産する産地

Maury 

グルナッシュ主体の赤ワインとV.D.N
(赤、白)を生産する地域

※太陽にさらした樽や瓶の中で長期熟成させて、酸化作用により独特の色と風味をもたせる製法「ランシオ(Rancio)」を用いたワインも生産されている

Collioure

赤、ロゼ、白の産地

同じ地域内にV.D.Nを生産する
バニュルス(Banyuls)がある

Banyuls

コリウール(Collioure)と同一の生産地域

赤、ロゼ、白のV.D.Nを生産する

フランスカテゴリの最新記事