ローヌ

ローヌ

ローヌ

<概要>
ミストラルと呼ばれる強風が北から南に吹く
A.O.C.を管理するI.N.A.Oが1935年に設立されました
A.O.C.の数はフランス第二位です(一位はボルドー)
北部では赤ワインを作る際に、白ぶどうを混ぜることが可能

ローヌ北部のAOC

※重要なAOCのみの抜粋

Cote-Rotie

ローヌ最北の生産地、生産可能色は赤のみ
※シラー主体だが20%までヴィオニエを混ぜることができます)

Condrieu

ヴィオニエ100%の白のみ生産可能

Chateau-Grillet

コンドリューに内包する小さな産地
ヴィオニエ100%の白のみ生産可能
ローヌ最小の産地

Saint-Joseph

生産可能色は赤、白
赤はシラー主体(10%までマルサンヌ、ルーサンヌを混ぜることが可能)
白はマルサンヌ、ルーサンヌ主体

Cornas

ローヌで唯一シラー100%赤ワインを生産

Saint-Peray

白のみの産地(ルーサンヌ、マルサンヌ)
瓶内二次発酵の発泡性ワインを生産するサン・ペレイ・ムスー(Saint-Peray-Mousseux)も同地域にある

Crozes-Hermitage

赤、白生産可能
赤は15%までマルサンヌ、ルーサンヌを混ぜることが可能
白はマルサンヌ、ルーサンヌ
北部の中で面積最大 ローヌ川左岸

Hermitage

赤、白、藁の3種類の生産可能

赤は15%までマルサンヌ、ルーサンヌを混ぜることが可能
白はマルサンヌ、ルーサンヌ ローヌ川左岸

Clairette de Die

瓶内二次発酵、アンセストラルの二種類の製法で発泡性ワインを作る産地

ローヌ南部のAOC

Lirac

赤、ロゼ、白の生産が可能
赤はグルナッシュ主体 ローヌ川の右岸

Tavel

グルナッシュ主体のロゼワインのみ生産可能
ローヌ川右岸

Costieres de Nimes

赤、ロゼ、白の生産が可能
ローヌで最南の産地 ローヌ川の右岸

Grignan-les-adhémar
ローヌ南部での最北にある産地

Vinsobres

グルナッシュ主体の赤のみの産地

Rasteau

スティルワインは赤のみ生産可能
V.D.N.は赤、ロゼ、白の生産可能

Chateauneuf-du-Pape

赤と白のみ生産可能(2017年〜ロゼも可能)
13品種(色まで分けると18品種)が認可されている

白ブドウのマルサンヌヴィオニエと黒ブドウのカリニャン認可されていないので注意

Gigondas

グルナッシュ主体の赤とロゼのみ生産可能

Beaumes-de-Venise

赤のみ生産可能
同地域にあるミュスカ・ド・ボーム・ド・ヴニーズ(Muscat de Beaumes-de-Venise)は
赤、ロゼ、白のV.D.N.を生産可能

フランスカテゴリの最新記事