イタリア

イタリア

地理、歴史

<地理>
アペニン山脈
がイタリア半島の真ん中を貫いている
アルプス山脈が北部にある
イタリア半島北部の海はアドリア海
イタリア半島南部の海はティレニア海

<歴史>
アンフォラと呼ばれる壷にでワインを運送していた
アンドレア・バッチ(医師)ワインの効能を示す
1963年原産地呼称法が制定

ブドウ

<栽培面積1位のブドウ>
黒ブドウ サンジョヴェーゼ
白ぶどう カタラット・コムーネ

<重要なシノニム>
サンジョヴェーゼブルネッロ
        =プルニョーロ・ジェンティーレ
        =モレッリーノ

  ネッビオーロスパンナ
        =キアヴェンナスカ

各種規定

<スティルワインの甘辛度表示> 
 セッコ(アシュット)       4gL以下
 セミセッコ(アッボッカート) 412gL以下
 アマービレ           1245gL未満
 ドルチェ              45gL以上


<新酒(ヴィーノ・ノヴェッロ)の規則>
MCで作られたワインを40%以上含み
消費は103001から


<色々なワイン>
ヴィン・サント(Vin Santo
陰干ししたブドウを
カラテッリと呼ばれる
小樽に詰めて、ヴィンサンタイヤと呼ばれる
屋根裏部屋で発酵、熟成させる。
※黒ブドウから作られたものは、ヤマウズラの眼
オッキオ・ディ・ベルニーチェ(Occhio di Pernice)と表示

・パッシート(Passito
陰干しブドウを用いた甘口ワイン

・レチョート(Recioto)
ヴェネト州でのパッシートの呼び名

・アマローネ(Amarone)
苦いと言う意味を持つヴェネト州の辛口ワイン

・スフォルツァート(Sforzato)
ロンヴァルディア州でのアマローネの呼び名

ピエモンテ州

Piemonte(州都トリノ/Torino)

ピエモンテは「山の麓」という意味で
トスカーナと並ぶ2大銘醸地です。

2014年にピエモンテのブドウ畑の景観が
世界遺産に登録されました。

D.O.C.Gの数は17でイタリア全土で最多です。

ロンバルディア州

Lombardia(州都ミラノ/Milano)

北部ヴァルテッリーナ渓谷では
ネッビオーロ(Nebbiolo)のことを

キアヴェンナスカ(Chiavennasca)と呼びます

スフォルツァート(Sforzato)は
ロンバルディア州で作られるアマローネの呼び名

トレンティーノ・アルト・アディジェ州

Trentino-Alto Adige(州都トレント/Trento)

イタリア最北に位置する産地です。

白ワインの生産比率が72%で
イタリアを代表する白ワインの産地です。

ヴェネト州

Veneto(州都ヴェネツィア/Venezia)

アドリア海の女王」と讃えられいた
ヴェネトは
ワイン生産量がイタリアで1位
(2018年度データ)

トレンティーノ・アルト・アディジェと同じく
白の生産量がとても多い産地です(約78%が白)

ヴェローナは
イタリアワインの首都とも言われており、

国際ワイン見本市「ヴィーニタリー」が
毎年開催されています。

D.O.C.Gに数はピエモンテ州に次ぐ第二位です。

パッシートの事をヴェネト州では
レチョート(Recioto)と呼びます。
アマローネ(Amarone)は
苦いという意味を持つヴェネト州のワイン

フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州

Friuli-Venezia Giulia(州都トリエステ/Trieste)

北はオーストリア東はスロヴェニアと隣接する州で
白ワインの生産量が多いです(約77%)

グラッパ(Grappa)の生産も盛んです。

エミリア・ロマーニャ州

Emilia Romagna(州都ボローニャ/Bologna)

北イタリアのほぼ中央に位置し、
西のエミリア地方と東のロマーニャ地方
ピニョレット(Pignoletto)という
土着品種があります。

リグーリア州

Liguria(州都ジェノヴァ/Genova)

州都のジェノヴァはイタリア最大の貿易港で
クリストファー・コロンブスの生誕地です。

家々とブドウ畑が連なる
チンクエ・テッレ(Cinque Teree)地区は

世界遺産に指定されています。

トスカーナ州

Toscana(州都フィレンツェ/Firenze)

ピエモンテと並ぶイタリアの2大銘醸地です。

1716年トスカーナ大公コジモ3世
生産地の境界線の線引を行いました

(キャンティ、カルミニャーノ、ポミーノ、ヴァル・ダルノ・ディ・ソプラ)

リカーゾリ男爵
キアンティを飲みやすくするため割合を考案しました

      サンジョヴェーゼ70
      カナイオーロ・ネーロ20
      マルヴァジア・デル・キアンティ10

キャンティ・クラシコ地区モンタルチーノ村には
ガレストロ」と呼ばれる
泥灰土(でいかいど)土壌が広がっている。

1970年代から始まった
イタリアンワイン・ルネッサンスを牽引したのは

キャンティ・クラシコ地区の生産者で
近代スタイルのワインを
作り出し
スーパータスカンとして国際的な知名度を得ました。

ダ・ヴィンチ、マキャベリ、ガリレイ、ダンテなど
世界的な著名人の出身地でもあります。

ラツィオ州

Lazio(州都ローマ/Roma)

古代ローマ共和国建国の地で、イタリアの首都です。

D.O.C.フラスカーティ(Frascati)では
甘口(ドルチェ/Dolce)のことを
伝統的にカンネッリーノ(Cannelino)と言います。

ウンブリア州

Umbria(州都ペルージャ/Perugia)

イタリア半島のほぼ真ん中に位置し
イタリアの「緑の心臓」と呼ばれています

ノルチャ(Norcia)地方で採れる
黒トリュフが特産品です。

カンパーニア州

Campania(州都ナポリ/Napoli)

温暖な気候と豊かな火山性土壌に恵まれて
ワイン作りに適した産地です。

観光客が多く、
ワインの消費量が生産量を上回っています。

バジリカータ州

Basilicata(州都ポテンツァ/Potenza)

石灰岩に掘られたマテーラ(Matera)の
洞窟住居は
世界遺産に登録されています。

カラブリア州

Calabria(州都カタンツァーロ/Catanzoro)

イタリア半島の最南に位置します。

古代ギリシャ人が
この地域のイオニア海岸沿いのブドウ畑を見て、

エノトリア・テルス(ワインの大地)と讃えました。

古代オリンピックの勝者には
クリミサ(Krimisa)が与えられましたが、

これがD.O.C.チロ(Ciro)の祖先とされています。

マルケ州

Marche(州都アンコーナ/Ancona)

D.O.C.Gコーネロ
アドリア海沿岸で最も優れた赤ワインと言われ、

古代ローマ時代より有名でした。

アブルッツォ州

Abruzzo(州都ラクイラ/L’Aquila)

面積の1%しか平野がなく
「人間よりも羊の方が多い」と揶揄される州です。

モーリゼ州

Molise(州都カンポバッソ/Campobasso)

地元消費のワインが多く作られています。

プーリア州

Puglia(州都バーリ/Bari)

オリーブオイルの生産が盛んで
生産量はイタリア全土で1位です。

13Cに建てられた城
カステル・デル・モンテ(Castel del Monte)」は世界遺産に登録されています。

サルデーニャ州

Sardegna(州都カリアリ/Cagliari)

カラスミボッタルガ/Bottarga )が特産品です。

シチリア州

Sicilia(州都パレルモ/Palermo)

イタリア最南に位置し、
全州の中で面積最大の州です。(地中海最大の島

イギリス人ジョン・ウッドハウス
シチリアで
酒精強化ワインのマルサラ(Marsalaを生産をはじめました。

イタリアカテゴリの最新記事